外貨証拠金取引のための情報収集

FXには欠かせない情報収集。情報収集するなら儲かる情報が欲しいものです。
やはり、FX情報の基本はチャート。でもチャートって見始めるとキリがないです。

一体1日にどのくらいの回数見たらよいのか?
正直言えば、1日中見ているのが一番良いのですが、それは不可能な話。デイトレーダーであれば1日中見ている必要はありますが、そうでなければ目的は相場の流れを掴むということなので、1日に3回くらいが妥当ではないでしょうか。

為替市場と動向

為替市場は東京・ニューヨーク・ロンドンが大きな市場ですが、東京9時、ロンドン16時、ニューヨーク21時とそれぞれ市場が開いた後にチェックをすれば相場の流れを把握することができます。

為替のプロがよく見るチャートはアメリカの株式コンサルタント、グランビルが提唱している日足チャートに200日の移動平均線を組み合わせたもの。プロは200日線より相場が下回ったら売り、上回ったら買いと判断しているようです。

fx

その他、ニュースも忘れずチェックしたほうが良いようです。特に経済指数の発表や要人の発言が相場に大きく影響することがあるので。はじめて外貨取引をする場合、ネットから検索して学ぶのも情報収集の一つです。